松尾貴史のちょっと違和感:国難は彼自身(安倍総理) no.6073 【 詐欺商材撲滅(情報商材超辛口鑑定&レビュー) 】
 

詐欺商材撲滅(情報商材超辛口鑑定&レビュー)数ある情報商材を超辛口でバッサリ切り捨てます。より安心で内容のしっかりしたものだけを推奨お知らせいたします。 

このページの記事目次 (タグ: 松尾貴史のちょっと違和感:国難は彼自身(安倍総理) の検索結果)

【毎日新聞】 松尾貴史のちょっと違和感:国難は彼自身(安倍総理)?「強きを助け弱きを憎む」施策が次々 [H29/12/17]

   ↑  2017/12/19 (火)  カテゴリー: 2chニュース速報+

【毎日新聞】 松尾貴史のちょっと違和感:国難は彼自身(安倍総理)?「強きを助け弱きを憎む」施策が次々 [H29/12/17]

1:2017/12/18(月)12:13:31 ID:
 ほんの少しだけ前のことを思い出してみる。日本は全国的に「国難突破解散」によって、衆議院選挙が行われた。
その頃にも為政者の、気楽というかのんきというか矛盾するような行動は続いていたが、時折、国民にだけは不安をあおるような
信号をばらまくことだけは忘れなかった。今月10日にも、ゴルフや観劇で「息抜き」をなさったそうだ。結構な国難である。

 今、連日テレビで放送されているのは、北朝鮮からの木造の小舟がエンジンの故障や海流などによって日本海側に漂着し、
そこに乗っていた人たちによって小屋の発電機が盗まれたとか、炭疽(たんそ)菌をばらまきにきたのではないかとか、
これが国難というやつか、といったあんばいだ。

 しかし、毎年のように漂着する船の数が増えることを、総理大臣が解散前に把握していたとは思えない。
ミサイルの脅威はあおり続けているが、敵対するような言動を控えて、冷静に振る舞えばリスクは格段に下がるであろうのに、
マッチポンプを狙っていると勘ぐられるような状況だ。

 少し前は、朝から晩まで相撲取りのいざこざがニュースや情報番組をジャックした状態になっていた。それが国難だったのか。
その騒ぎが少し沈静化したところで、今度は神社本庁やら宮司やら骨肉の争いやらがまたもや電波を埋め尽くした。先週はこれが国難のようである。

 国難などと言い出した本人こそが国難そのものだという指摘もある。私もその通りだと思う。作らなくていい敵を増やしてリスクを高め、
リスクが高まったからといろいろなルールを書き換えようとする。人々を分断し、分け隔てし、身内やお友達には
あらゆる場面で特別扱いやら優遇やらを施す。経済を発展させるようなまやかしを振りまいて立場を守ってきたが、
そこではもうごまかし切れないところにまで馬脚を現して、株価の操作以外に打てる手はないようだ。(中略)

 1980年代のコメディー番組「オレたちひょうきん族」でうたわれた「強きを助け弱きを憎む」という戯(ざ)れ
言を現実にするような施策を次々と繰り出す。アメリカの大統領の娘だということで一補佐官を国賓のように待遇し、
彼女の関わる基金には数十億円を気前よく渡す一方で、弱者救済には消極的どころか圧迫に積極的。

 そして、党首討論や国会での野党からの追及からは、あの手この手で逃げ回る。やはり彼自身が国難であるという
認識は説得力がある。(放送タレント、イラストも)


毎日新聞/最終更新 12月17日 04時04分
https://mainichi.jp/articles/20171217/ddv/010/070/020000c
5:2017/12/18(月)12:25:13 ID:
>>1
おバカな作文としか映らない。
書いてる奴は想像できるけど、これ読んで喜んでるやつの顔がイメージ出来ない。
7:2017/12/18(月)12:28:02 ID:
>>1
さんざん論破された「イヴァンカ基金」を今更持ち出すとか、
こいつにペンで飯食う資格はないな

つか、マスコミが相撲だの神社殺傷事件だのを扱ってたのはマスコミの都合なのに、
それでもって政府批判とか、頭わいてるどころじゃない
措置入院が必要だな
28:2017/12/18(月)21:27:22 ID:
>>1
事実誤認だけで全てを語る潔さ
31:2017/12/19(火)08:00:29 ID:
>>1
>敵対するような言動を控えて、冷静に振る舞えばリスクは格段に下がるであろう

コメ支援だ朝銀への公金献上だ対話だ平和だ と抜かして敵対しないように土下座外交を進めた結果が
今の状況なんですが何か

北が友好的であったことなんて建国以来一度としてないわ
2:2017/12/18(月)12:16:49 ID:
パヨク芸という
堕ちるところまで堕ちた男
3:2017/12/18(月)12:17:58 ID:
北が「弱き」などとは一切思ってませんけど
4:2017/12/18(月)12:18:20 ID:
おててはグー
頭はパー
しっぽはチョキ
8:2017/12/18(月)12:28:22 ID:
>>4
チョキは舌先じゃないのか?
6:2017/12/18(月)12:27:52 ID:
キッチュ「ワイは馬鹿でーす!」
以上まとめです
酷い作文だなこりゃ
先生に添削してもらえ
9:2017/12/18(月)12:28:44 ID:
>ミサイルの脅威はあおり続けているが、敵対するような言動を控えて、
>冷静に振る舞えばリスクは格段に下がるであろうのに、
>マッチポンプを狙っていると勘ぐられるような状況だ。

馬鹿だな。 オバマ政権時の「戦略的忍耐」でどうなったよ?
10:2017/12/18(月)12:30:20 ID:
北朝鮮の問題は木造船じゃないよ。
核ミサイルを落として火の海にすると
言っている金豚の敵対発言とミサイル発射
による恫喝だゆ。
11:2017/12/18(月)12:30:23 ID:

http://open2ch.net/p/newsplus-1513566811-11-490x490.png
12:2017/12/18(月)12:30:34 ID:
ようするに北朝鮮の要求を全部呑めとw
13:2017/12/18(月)12:32:23 ID:
てかまあパヨクになると経緯とか発端とかなにもわからなくなるんだな
バカなのか病気なのかその両方か
14:2017/12/18(月)12:36:11 ID:
たまに炎上させないと思い出してギャラも貰えない三流芸人
15:2017/12/18(月)12:37:53 ID:
クマが漁師の小屋を荒らしたら、駆除するだろ。それと同じだよ。

外来の害獣は、駆除するしかないんだよ。やつらには、言葉はもちろん、
たとえ翻訳しても、日本人の道徳や法律が通じない。

はなしが通じない害獣なんだよ。
16:2017/12/18(月)12:39:07 ID:
落ち目のぱよ流れ
17:2017/12/18(月)12:50:39 ID:
炎上芸なのかただのパヨクなのか
18:2017/12/18(月)12:55:53 ID:
弱気を憎む。
そうだ、確かに弱気はだめだな
国際社会は強気で行かなければ、集られるだけってもう十分学習したよな
19:2017/12/18(月)12:58:53 ID:
何か言ってるようで、一つ一つの主張は議論に耐えられるものじゃない
駄目な学生が書いたレポートのようだ、優しい教授ならギリギリ可ってとこだな
20:2017/12/18(月)13:12:57 ID:
まだ基金で嘘ついてるの
21:2017/12/18(月)13:27:48 ID:
例の基金は国際協調主義の下、途上国の女性向けの、
まさに「弱者」支援のものなんだがな。
22:2017/12/18(月)17:25:29 ID:
気の利いた皮肉ってのとは全然違うもんな、
国難て言葉を何にでも無理矢理当てはめて喜んでるだけ。
飲み屋で酔っぱらいがする無駄話をシラフでやらかす。
これが新聞に載るんだからたまらんわ。
23:2017/12/18(月)17:29:30 ID:
悪く言おうと思えばいくらでも
言えるよな。
24:2017/12/18(月)20:34:23 ID:
松尾さんて極左なの?
25:2017/12/18(月)20:56:07 ID:
>>24
何の能もないので、テレビ局にヨイショするしか生きられない
TBSなんか幹部連中がほぼ全学連(極左)だから

こいつは左だとレッテル貼られ、ネットで叩かれだしたら
スポンサーが嫌がる
コマーシャルの戦場がネットに移りつつあるのを知らんのだよ
賢いタレントは、右左うやむやにしている
タモリとかたけしとかな



26:2017/12/18(月)21:10:44 ID:
ふーん、で?

誰??
27:2017/12/18(月)21:24:34 ID:
吉田照美の後釜狙い?
32:2017/12/19(火)08:12:11 ID:
>>27
後『釜』なのに
炎上して燃え尽きる燃料側とは
これ如何に
29:2017/12/18(月)21:58:37 ID:
目がキッチュ
30:2017/12/19(火)07:53:38 ID:
こあつの顔に違和感ありすぎ
半島顔そのもの
33:2017/12/19(火)08:38:47 ID:
ネトウヨ発狂わろた
34:2017/12/19(火)08:41:10 ID:
>>33
単発で煽ってみたところで現実は変わらないんだぜ?w


スポンサーサイト

この記事に含まれるタグ : 【毎日新聞】 松尾貴史のちょっと違和感:国難は彼自身(安倍総理) [H29/12/17] ニュース 

(記事編集) http://sagisyouzaibokumetu.jp/blog-entry-6073.html

2017/12/19 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。