【芥川賞選考で対立】宮本輝『日本人の読み手にとって(在日外国人)は対岸の火事で同調しにくい』←武田砂鉄『日本も日本語も、自分=日本人たちだけのものと信じて疑わない事に憤りを感じる』[H29/8/17] 【 詐欺商材撲滅(情報商材超辛口鑑定&レビュー) 】
 

詐欺商材撲滅(情報商材超辛口鑑定&レビュー)数ある情報商材を超辛口でバッサリ切り捨てます。より安心で内容のしっかりしたものだけを推奨お知らせいたします。 

この記事に含まれるタグ :
【芥川賞選考で対立】宮本輝『日本人の読み手にとって  ニュース  

【芥川賞選考で対立】宮本輝『日本人の読み手にとって(在日外国人)は対岸の火事で同調しにくい』←武田砂鉄『日本も日本語も、自分=日本人たちだけのものと信じて疑わない事に憤りを感じる』[H29/8/17]

   ↑  2017/08/19 (土)  カテゴリー: 2chニュース速報+
【芥川賞選考で対立】宮本輝『日本人の読み手にとって(在日外国人)は対岸の火事で同調しにくい』←武田砂鉄『日本も日本語も、自分=日本人たちだけのものと信じて疑わない事に憤りを感じる』[H29/8/17]
1: ■忍法帖【Lv=4,いっかくうさぎ,4gP】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb:2017/08/17(木)08:27:22 ID:???
■ソース元記事名/「在日外国人の問題は対岸の火事」平然と差別発言を垂れ流した芥川賞選考委員の文学性/武田砂鉄/論男時評
http://i.imgur.com/1g2sW33.jpg

 第157回芥川賞は、この春に文學界新人賞を受賞した沼田真佑「影裏」に決定した。
毎回、芥川賞選考会後には、受賞作をより積極的に推した選考委員が会見を開いて選考経過を述べるのが慣例になっているが、
今回会見した高樹のぶ子委員が「大変な対立、ほとんどケンカ状態で。かなり長く選考委員をやっていますが、本当に疲れ切って……」
(FNNニュース)と発言していたこともあり、どのような議論が巻き起こったのか、「文藝春秋」誌に掲載される芥川賞選評を待ち構えていた。
 結果、一人の選考委員の、議論以前の選評を読んでうなだれることになった。
宮本輝選考委員による、候補作の一つ、温又柔「真ん中の子どもたち」に対する選評である。
台湾・台北に生まれ、3歳の頃から日本で過ごし、台湾語混じりの中国語を話す親のもとで育った著者が記した、
言語の越境を問う小説。宮本は選評にこのように書いた。
**************
「これは当事者たちには深刻なアイデンティティと向き合うテーマかもしれないが、日本人の読み手にとっては対岸の火事であって、
同調しにくい。なるほど、そういう問題も起こるのであろうという程度で、他人事を延々と読まされて退屈だった」
(宮本輝・芥川賞選評『文藝春秋』2017年9月号)

 まぁ、日本人には関係のない話だよね、「対岸=外国人」にはそれなりに大変なことなのかもしれないけどさ、
という愚鈍な評を読んだ温又柔は、ツイッターで「第157回芥川賞某選考委員の『日本人の読み手にとっては対岸の火事』
『当時者にとっては深刻だろうが退屈だった』にはさすがに怒りが湧いた。こんなの、日本も日本語も、自分=日本人たちだけの
ものと信じて疑わないからこその反応だよね」と憤りを表明している。

どんなに厳しい批評でも耳を傾ける覚悟はあるつもりだ。でも第157回芥川賞某選考委員の「日本人の読み手にとっては対岸の火事」
「当時者にとっては深刻だろうが退屈だった」にはさすがに怒りが湧いた。こんなの、
日本も日本語も、自分=日本人たちだけのものと信じて疑わないからこその反応だよね。
 ̄ 温又柔 (@WenYuju) 2017年8月11日

 小説は、台湾人の母と日本人の父の間に生まれ、東京で育った琴子が上海への語学留学に旅立ち、留学先の語学学校で、
台湾と日本のハーフである「嘉玲」や、日本で生まれ育った中国人「舜哉」と出会い、対話を重ねていく。国籍、出身地、言語、
どこに自らのアイデンティティがあるのかを見つめ続ける。

 宮本の評は、温又柔の小説での試みを根こそぎ否定したつもりなのだろうが、これは小説の否定ではなく人種の否定である。
「文藝春秋」誌には受賞作しか掲載されないので、この差別的な選評だけで作品が把握されることはこの上なく酷である。
だが、さすがに他の選考委員は、温又柔の小説に肯定的であっても否定的であっても、「対岸の火事」といった、
だらしない評を下してはいない。

続く

wezz-y/8月16日
http://wezz-y.com/archives/49788?read=more
http://wezz-y.com/archives/49788/2
12: 名無しさん@おーぷん:2017/08/17(木)08:53:20 ID:ZIb
>>1
そもそも日本人が外国人や混血の人と結婚するのは、移民との間の子孫増加や移民の親族流入等による日本への移民永住促進に加担でもあり論外です。
ブラジルやペルーやフィリピン等の移民国家と違い、日本は自然国家だからこそ移民や難民を尚更受け入れてはならない。国の成り立ちや仕組みも踏まえて考えよう。
http://www.sakuranokai.org/article/445310120.html

国際結婚は極めて厳しく制限されるべきです。日本に対する背信行為だからです。日本の国の有様を破壊して
日本の将来を滅茶苦茶にする利己主義にひた走った多文化共生主義者(アナーキスト)国家破壊主義者です。

混血ではない日本人にしてみれば外国人や混血の人が増加する程、稀有な自然国家である日本の国の仕組み、日本人にとって当たり前の日本社会が
破壊されていって住みづらくなる一方だからです。移民国家化推進、人種殲滅推進で日本人の民族自決権と自衛権の侵害、日本に対する背信行為です。

★国際結婚は、それそのものが日本の多民族化、移民国家化に確実に繋がる要因になります。民族の基盤である日本の国体の破壊行為です。
★偽装結婚の他、日本に永住する権利や日本国籍取得目的の国際結婚が非常に多い。強制送還もされずに生活保護三昧可能の外国人増加の一途です。
★国際結婚する本人が、自分が暮らす日本社会や次世代以降の日本に禍根を残す事を自覚していない。確実に混血ではない日本人が暮らし辛い社会に変貌していきます
http://www.sakuranokai.org/article/407988226.html
20: 名無しさん@おーぷん:2017/08/17(木)09:22:56 ID:7hy
>>1
国籍やら人種を読み替えればいいわけだから
対岸の火事っつー評もどーかと思うがなあ
2: ■忍法帖【Lv=4,いっかくうさぎ,4gP】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb:2017/08/17(木)08:27:33 ID:wAu
続き

 「多くの日本語話者の抱く、母語としての日本語の『不動性』にゆさぶりをかけてくる」(奥泉光)、
「この小説のもくろみは、日本語を国籍に関係なく身体のなかに解き放ち、そこに東アジアの歴史を重ねることにある」(堀江敏幸)といった選評に宮本の選評が混ざり込むと、
むしろこの小説の試みが切実なものであったことが証明されるかのようですらある。

「お母さんが日本人ではないのなら、日本人と名のるべきではない。お父さんが日本人でも、お母さんがそうでなければきみは
日本人とは言えない……。(じゃあ、わたしは何なのだろう?)」(「真ん中の子どもたち」より)

 こういった一節をいくらでも含む小説に対し、「日本人の読み手にとっては対岸の火事」と乱雑に述べる選考委員。
正直、ちゃんと通読すらしていないのではないかと疑いたくなるほどだが、通読してこの差別的選評が投じられているならば、
選考委員にふさわしくない読解力である。作品の良し悪しを判定する以前の問題だ。


○「日本語はだれのものなのか? 日本人とは、だれのことなのか?」

(温又柔『台湾生まれ 日本語育ち』)

 温又柔は自身のエッセイ集『台湾生まれ 日本語育ち』で、この問いかけを繰り返している。
日本語の所在、日本人の輪郭を、自身のとまどいから探し当ててきた。前出の小説について選考委員の島田雅彦は「既に自己の特異性を痛快にエッセイに書いた後、
それをノベライズしても二番煎じを越えない」と手厳しく書いている。自己の置かれた立場を「特異性」と確定することができないからこそ小説として記したように思えるが、確かに、
このエッセイ集で書かれているエッセンスは多分に小説の中に持ち込まれている。彼女は「台湾人でありながら日本人でいたい」
(『台湾生まれ 日本語育ち』)と記す。揺らぎを確保するために書く。だからこそ「対岸の火事」とするのは侮蔑でしかない。(中略)

 慎重に育んできた自身のアイデンティティを、芥川賞選評という、小説家にとっては大きな意味を持つ場で、
あれだけ軽んじられたのだから、憤慨するのは当然のこと。
あまりに基本的なことすぎて、ありきたりな説教のようになってしまうけれど、言語や国籍をめぐる「深刻なアイデンティティ」に
目を向けずに、一体何が文学だろうか。
この小説を「対岸の火事」「他人事」で片すならば、「新進作家による純文学の中・短編作品のなかから、最も優秀な作品に贈られる賞」
(日本文学振興会HPより)の選考委員にはふさわしくないと思う。その姿勢は、新進、を塞いでいる。
3: ■忍法帖【Lv=4,いっかくうさぎ,4gP】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb:2017/08/17(木)08:27:54 ID:wAu
関連記事

【産経・政界徒然草】 鳩山由紀夫元首相が再び珍妙な持論を雑誌で披瀝 封印していなかった「日本列島は日本人だけのものではない」 [H29/5/28]
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1495961801/l50
4: 名無しさん@おーぷん:2017/08/17(木)08:30:17 ID:8jG
宮本輝は、知っている。
9: 名無しさん@おーぷん:2017/08/17(木)08:47:00 ID:N9D
>>4
違いの分かる男
ダバダ~
5: 名無しさん@おーぷん:2017/08/17(木)08:33:48 ID:iBk
日本語が日本人だけのものではないのが現実。
韓国人が海外で悪事をはたらくとき、なりすますのに使ってる。
6: 名無しさん@おーぷん:2017/08/17(木)08:36:37 ID:Iyw
読者が対岸に置き去りにされたって話なんじゃねえの
私の問題でありながら私達の問題でもあるんですよって見せるのが作り手の腕なわけで
後からグダグダ言うくらいなら作中に「わからなきゃ差別」って書いとけよって思う
7: 名無しさん@おーぷん:2017/08/17(木)08:43:28 ID:tmL
芥川賞って、国際的な賞だったのか?
日本語で書かれた翻訳じゃない小説に対して、与えられるものじゃなかったのか?
だから、移民はいらないんだよ。
8: 名無しさん@おーぷん:2017/08/17(木)08:45:18 ID:sxP
読んで無いから解らんが、
台湾が日本より豊かな国であったなら
自分は台湾人だと主張するって
事なんだろ?
30: 名無しさん@おーぷん:2017/08/17(木)11:08:19 ID:PW2
>>8
そうだと思う
10: ななしの国からこんにちわ◆ePSYFR8jBw:2017/08/17(木)08:49:19 ID:y0K

>日本も日本語も、自分=日本人たちだけのものと信じて疑わないからこその反応だよね。


ここから否定してくるのなら、討伐するしかないだろ?

日本は日本人のものだ。他のどこの国の人間のものでもない。

日本語は日本人のものだ。他国人が使うのはかまわないが、所有権wを主張されてたまるか
11: ななしの国からこんにちわ◆ePSYFR8jBw:2017/08/17(木)08:50:59 ID:y0K
この流れで行くと、

広辞苑が、日本語と称する韓国語だらけになるのもじきだなw
13: 名無しさん@おーぷん:2017/08/17(木)08:56:11 ID:3uF
憤る?
嫌なら出ていけばイイ、宮本?
嫌いなのに何で日本に固執するんだ?
ドMなの?
15: 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb:2017/08/17(木)09:09:52 ID:ISF
>>13
スレタイよく読んでね!
22: 名無しさん@おーぷん:2017/08/17(木)09:32:07 ID:3uF
>>15
失礼
宮本さんで無く温又柔のコメントに反応してた
14: 名無しさん@おーぷん:2017/08/17(木)09:01:20 ID:vY7
俺は街で座ってるおまエラを発見すれば、必ず目の前に立ち、ケツを向け、放屁を試みる
16: 名無しさん@おーぷん:2017/08/17(木)09:14:12 ID:qGj
人種問題に論点をズラして酷評を批判か

つかさ、ツマンネ、なんだよ要はw
17: 名無しさん@おーぷん:2017/08/17(木)09:14:54 ID:HXr
シャベツニダー!
18: 名無しさん@おーぷん:2017/08/17(木)09:18:03 ID:zrG
人の泥臭さがにじみ出てる文章が好きで、宮本輝の作品はよく読んでました

ぐっと来る感じなんだよね
だから、講評の作品は、宮本輝さんにもその読者層にもぐっと来る感じじゃなかったから、こういう表現になったのではないかと。
19: 名無しさん@おーぷん:2017/08/17(木)09:18:38 ID:nYU
要するに詰まらなかったんだろw
21: 名無しさん@おーぷん:2017/08/17(木)09:29:39 ID:CKQ
俺の考えが古いのかもしれないが、何か社会的問題をテーマにしてだから評価して欲しい、というのは作家として卑しい行為ではないか?
社会的な問題など関係なく文学的価値のあるものを書くのが作家だろう?
それこそカエルが水に飛び込んだのを書くだけでも文学になるのが作家というものではないか?社会的問題を扱うのは
だから評価してという下心が見えると読む気が失せる。
23: 名無しさん@おーぷん:2017/08/17(木)09:35:11 ID:oVp
いや実際外人の感覚なんて同調しにくいだろう
あちらもこちらには同調しにくい訳でな
それに対しヘイトって言い出すのは頭がおかしい
24: 名無しさん@おーぷん:2017/08/17(木)09:37:30 ID:fgq
テーマは面白い
内容が面白いのかは読んでないから知らん
そこはかとなく炎上商法の匂いもするが買うか無視するか
25: 名無しさん@おーぷん:2017/08/17(木)09:45:48 ID:CKQ
>>「他人事を延々と読まされて退屈だった」
漱石の「猫」はまさしく退屈な日常を延々と描いて文学にしたものだったな。
退屈か、文学的に面白いか、そこに作家としての力量が出ているのだな。
芥川賞は文学を評価する賞だから社会問題を論じるものではない。
26: 名無しさん@おーぷん:2017/08/17(木)09:48:11 ID:55V
結局、パヨク選考委員のゴリ推しで芥川賞に選ばれたけってことか
27: 名無しさん@おーぷん:2017/08/17(木)09:50:52 ID:55V
違うな
落選した本の批評に噛み付いてんのか
28: 名無しさん@おーぷん:2017/08/17(木)09:52:44 ID:BNO
はっきり言おう

対岸の火事だ
ただし、台湾の親日の人たちは応援するが
中国系の侵略者の片棒をかつぐ奴は敵だ
53: 名無しさん@おーぷん:2017/08/18(金)21:41:19 ID:WA4
>>28 親日が何を指すのかにもよるけど現在の日本のこと好きな台湾、中国人はスゴい多いけど戦時中のことになると結構あれな人多いぞ。教科書で教えられるし。
戦後やって来た中国の方がひどかったね。だからといって日本軍を許してるわけではないからって感じ
29: 名無しさん@おーぷん:2017/08/17(木)10:46:24 ID:9CG
この人もググればいろいろ出てくるよ。
31: 名無しさん@おーぷん:2017/08/17(木)11:14:28 ID:kQl
その対岸の火事を見て「自分が海外に行ってそういう立場に立ったらどうだろうか」
と考える想像力は重要かもしれないが、対岸の火事を我が事のように考えろというのとは違うだろうね。
32: 名無しさん@おーぷん:2017/08/17(木)15:35:28 ID:5ot
島田雅彦も、エッセイの二番煎じを越えないって言ってるんでしょ?
読者が対岸の火事を、我がことのように身につまされるように感じさせる、説得力や表現力に欠けた作品だってことなんじゃないか?
33: 名無しさん@おーぷん:2017/08/17(木)16:12:32 ID:hHR
高樹のぶ子な小説はいつも必ずなにやらエロ小説みたいな性的な描写がある
それが不快で読まなくなった
34: 名無しさん@おーぷん:2017/08/17(木)17:02:07 ID:TzD
対岸の火事と感じたなら筆力が足りなかったんだろう
別に部落問題に関係のある人間だけが「破戒」を読むわけじゃないし
35: 名無しさん@おーぷん:2017/08/17(木)17:14:15 ID:hHR
緒戦は出来レースだろ
出版界も不況だから話題作りは欠かせないし
10代の女の子が受賞した時はあからさますぎて萎えたわ
一番の問題は、芥川賞をもらった作家はそのあと、なぜか影が薄くなってしまうことよ
数作書いて燃え尽きてしまう作家なんてたいしたことないわ
36: 名無しさん@おーぷん:2017/08/17(木)17:21:24 ID:XYh
ほとんどの小説や漫画の賞は内容がアカいかフェミってないと受賞なんかできませんよ。
だいたい選考自体が受賞OBOGで占められてるし。
¥在日外国人が対岸の火事って意味不明だよw希望で言ってるのか?
37: 名無しさん@おーぷん:2017/08/17(木)17:28:55 ID:5rU
対岸の火事であってる
日本は父系だよ。なんで母が日本人じゃなければ日本人ではないなんて馬鹿な話になるのか
文化的に溝があるんだから、異文化物は対岸として読むのが当たり前
なぜここに文句をつけるのか

無理やり差別に結びつけるからだ
差別利権にどうしても持っていきたいという強いミスリードを誘う偏向がみられる
選考委員から多様性を排除したいという意思も強く感じられ不快
38: 名無しさん@おーぷん:2017/08/17(木)17:37:40 ID:hHR
芥川賞に権威があったのはいつまでだったかなあ
そもそも芥川賞を取って長く読み継がれている作品なんてあったかなあ
こういうコンクールは今はあらゆる分野で説得力を失っている
クラシックで言えばショパン・コンクール優勝者なんて誰も見向きもしなくなっている
どうしてこうなったかなあ
39: 名無しさん@おーぷん:2017/08/17(木)19:04:23 ID:wFc
感想すら差別だのと言って否定するような人間が
文学に携わるの止めて欲しいんだけど
作品の概要をざっと読んでも
自分も宮本さんと同じ意見を持つだろうなって感想しかない
40: 名無しさん@おーぷん:2017/08/17(木)19:08:54 ID:UT0
その「憤り」とやらを次回作にぶつけりゃイイだろ。
41: 名無しさん@おーぷん:2017/08/17(木)19:49:49 ID:W1T
日本に限らず、国は国民のものだ。
言語は民族のものだ。
この原則を理解していないから、他人事のように見える。
登場人物に、中国生まれで中国語しか話せない日本人を出せば、主人公との対比で面白くなったと思う。
42: 名無しさん@おーぷん:2017/08/17(木)19:53:28 ID:wFc
これ例えばさ、同性愛のお話だったとして、同じ感想持つわけさ
それはそれでありだと思うのに、それはおかしいって言ってしまうことがおかしいんじゃないか?
43: 名無しさん@おーぷん:2017/08/17(木)20:00:26 ID:ngt
もっともだな
台湾を南北朝鮮に置き換えて読んでみよう
もっと納得できるはずだ
45: 名無しさん@おーぷん:2017/08/18(金)12:41:27 ID:WY7
>>43
ウン、解った。言論の自由がある台湾人が書いたから認めたんだ
44: 名無しさん@おーぷん:2017/08/18(金)08:22:44 ID:WUm
単純に読ませる力が無いって話でしょ
46: 名無しさん@おーぷん:2017/08/18(金)13:02:19 ID:y8u
日本語を学び、使うのには特別な資格は要らないだろうが
日本をどうこうするにはは日本人とそれ以外とで明確に差があるよね
例えば参政権とかさ
武田なんちゃらはそんな程度も知らないの?w
47: 名無しさん@おーぷん:2017/08/18(金)13:20:10 ID:WrJ
日本の文学賞が「日本人に共感しにくい」小説に高評価を与えないことは当然の話。
小説って読者がいなきゃ成立しないから。
宮本輝の評は極めてまっとうだが、これが論争になってしまう芥川賞選考委員会の現状はヤバい。
48: 名無しさん@おーぷん:2017/08/18(金)15:28:56 ID:fH4
もうこういう将来エンターテイメントで稼ぐ見込みもなく文化人枠かなんかで延命しようとする、フーゾクとかマイノリティ関連の私小説家を売り出すのは辞めたら?
49: 名無しさん@おーぷん:2017/08/18(金)16:06:10 ID:i6v
内包する問題ははっきりと分かった上で作品として面白かったかどうかを言っている。
宮本の書評は選考委員の態度としてまったく正しいと言える。
50: 名無しさん@おーぷん:2017/08/18(金)19:31:22 ID:H0R
直木賞も芥川賞も受賞したときの一発だけだよな
聞いたこともない作家が受賞して、受賞した後も話題になることがない
そんな賞の選考なんて、選考委員ぐらいしか興味ないのにな
51: 名無しさん@おーぷん:2017/08/18(金)20:34:52 ID:Y54
まあそうだよね
対岸の火事なのに、ぐいぐい引き込まれ最後まで一気に読んでしまった
って感想にもなり得るわけで
文学として力量不足という評価を、無理やり

差別利権に利用しようとする下衆

が選考委員に居ますよという記事だ
52: 名無しさん@おーぷん:2017/08/18(金)20:50:18 ID:ZJo
日本語は誰が使ってもいいが
日本は国民のものだろ
54: 名無しさん@おーぷん:2017/08/18(金)21:43:08 ID:zOe
当然共感されると思って書いたものが酷評されたんで理解できないんだろう
ただ差別だなんだってのは劣等感のすり替えだな
55: 名無しさん@おーぷん:2017/08/19(土)06:04:47 ID:aMO
日本も日本語も日本人が作った。
創業者が権利を独占するのは当然だ。

なんで勝手に密入国したのに強制連行されたと嘘をつき
売春婦なのに慰安婦だと騒いで金と権利を欲しがり
日本人狩りをして日本人差別しているのに差別だと騒ぐ
中国共産党の日本侵略の尖兵の在日中国人、朝鮮人に
日本国と日本語を使わせるわけにはいかんわ


引用元:

http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1502926042/l1000
スポンサーサイト

この記事に含まれるタグ : 【芥川賞選考で対立】宮本輝『日本人の読み手にとって ニュース 

FC2スレッドテーマ : ニュース(国内) (ジャンル : アフィリエイト

(記事編集) http://sagisyouzaibokumetu.jp/blog-entry-5171.html

2017/08/19 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 【芥川賞選考で対立】宮本輝『日本人の読み手にとって(在日外国人)は対岸の火事で同調しにくい』←武田砂鉄『日本も日本語も、自分=日本人たちだけのものと信じて疑わない事に憤りを感じる』[H29/8/17]

お気軽にコメントをどうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)